毎年恒例なのですが、少し前に父親から、大量の干し柿が届きました。この干し柿手間がすごいのが見た目でわかりますよね。大量に取って、皮をむいて、ヒモ撒いて、干して、雨がふったら入れて、また干して美味しそうなタイミングで送ってくる。さすがに一度では、食べられないので冷凍庫にいれて、少しずつ頂きます。

この干し柿をみると、近所のおばあちゃんが、昔は甘いものが少なかったから、貴重だったんだよ。言ってたのを思い出します。
また親戚のおじさんにも、普通の柿じゃ、こんなに甘くならないんだよ。
渋柿じゃないと・・・と聞くと
なかなか贅沢な食べ物だなと、父親に感謝しつつありがたく頂くようになりました。

03f6b631